香典マナー

スポンサードリンク


香典マナー 実は知らないで恥をかいていませんか?

香典マナーを知らずに実は恥をかいていたということは良くあります。香典マナーとしては、故人の宗教的なことを先ずは十分に理解してから行動することが必要で、宗教および宗派など、そして通夜や告別式の場所やタイミンなどを知って適正な香典マナー となるようよく注意してください。

 

とくに哀悼の意が遺族の人たちへ十分に伝わるよう香典マナーには気を配りましょう。不幸の事態を知ったらできるだけ早く、少なくとも顔を出すことも大切なことです。そして香典マナーとしては、故人とのそれまでの交際状況そして関係などをよく意識して行動することがなによりも大切です。

 

通常は香典とてお通夜または告別式へ出席して遺族へ直接手渡すのが香典マナーの基本です。さらに香典自体の書き方や入れる金額についても、よく注意しておいてください。本来の香典自体は故人の霊前に供えるこのですから、香典袋の体裁などにも十分な配慮が香典マナーとして必要です。

 

書く文字はすべてごく薄いブラック色で墨筆によって、表面および裏面ともに丁寧な楷書で書くようにしましょう。お金の金額はお互いの関係および故人の地位などを十分に意識して慎重に決めることが香典マナーとしてはとくに大切です。

 

どうしても式場などへ出向くことができないケースには、とくに丁寧な郵送によることも差し支えることはありませんので、タイミングよく行ないましょう。



プライバシーポリシー