披露宴 食事マナー

スポンサードリンク


披露宴食事マナー こんなことは?

披露宴では食事マナーに十分に配慮して、楽しくて礼儀正しいひとときを過ごすようにしましょう。職場の同僚あるいは友人そして親戚などの披露宴に出席するときは、自分ひとりのこともありますし、家族で子供もいっしょのこともあります。

 

いずれでも披露宴での食事マナーには、とくに小さい子供さんが参加するときには、みんなで十分に注意しましょう。披露宴の会場に着いたら、先ずは受付けで来場したことを告げてから、案内にしたがって自分の名札のあるテーブルについてください。

 

オーバーコートや荷物類は、受付けにナンバー指示により預けるとともに、バッグがあればテーブルの下あるいは腰掛の背に置くことが披露宴の食事でのマナーです。テーブルに初対面の人が居たら、かならず軽く会釈して、自己紹介などすることも披露宴の食事でのマナーに含まれることです。

 

披露宴が始まって司会者や列席の人による挨拶そしてスピーチのあいだは、私語を避けることおよび席を立たないことを守りましょう。かならず"乾杯!"の音頭のあとで食事に手をつけることが披露宴の食事の大切なマナーです。

 

食事が和式あるいは洋式かなどによって異なった風習などがありますので、礼儀作法を守って音などをたてることのないように楽しく飲んだり食べたりしてください。



プライバシーポリシー